ソフトウェアデファインドネットワーク(SDN)の展開のメリット

ソフトウェアデファインドネットワーク: 競争において優位性を確保する

組織がソフトウェアデファインドネットワーク(SDN)に期待しているメリットについて理解を深めるには、弊社のレポートをご覧ください。この分析では、企業が導入を躊躇する原因となっている課題も紹介しています。

レポートを読む
共有する
  • SDNで競争に打ち勝つ方法

    大企業では、高まり続ける顧客の期待とテクノロジの進化に対して一歩先を行くための対応を迫られています。高いコストをかけることなく、迅速に、新しいテクノロジを導入、拡張、展開できることが必要とされています。これが、今、多くの組織が、柔軟でスケーラブルなネットワークとリアルタイムのサービス提供という、SDNのメリットに注目している理由です。

    ベライゾンは、Financial Timesの関連会社であるLongitudeと共同で、さまざまな組織におけるSDNの採用の現状と将来の計画を調査しました。このレポートは、さまざまな業界や国の大手企業のIT部門の責任者165人の体験に基づき、グローバルな組織のSDNに関する熱意と課題について詳細な分析を行っています。

    この調査によって、15%の組織が既にSDNを導入していることが分かりました。さらに、採用も加速し始めており、回答者の57%は2年以内にSDNを展開すると予測しています。グローバル企業がSDNから享受しているメリットに関する情報、および実際のSDN展開の成功事例については、レポートをご覧ください。

    レポートを読む

世界中のさまざまな組織におけるSDN採用の現状