2019年度
データ漏洩/侵害
調査報告書

  • 2019年度データ漏洩/侵害調査報告書
  • 脅威を理解することは、リスクを効果的に管理するのに役立ちます。

    攻撃者はその手をゆるめることはなく、脅威はあらゆるところに存在します。その脅威から企業データの安全を確保するもの - それは、十分なインサイト、見識、ツールを持ち合わせたセキュリティチームです。その全容がここにあります。

    レポートをダウンロードする
  • データ漏洩は、世界中で見出しを作り続けています。

    DBIRの第12版は、世界中の86カ国をカバーし、数千ものセキュリティインシデントやデータ侵害の実際のデータに基づいています。このレポートには、重要なポイントがまとめられています。

    エグゼクティブサマリーを読む

弊社の
セキュリティ
レポートを
ご覧ください。

  • 2018 年度データ漏洩/ 侵害調査報告 エグゼクティブサマリー

    2018年度データ漏洩/侵害調査報告書
    エグゼクティブサマリー

    53,000件を超えるインシデントと2,200件余りのデータ漏洩や侵害に関する調査結果を確認することで、「やってはいけないこと」を理解できるだけではなく、「注意すべきこと」も知ることができます。

    2018年度のレポートを読む
  • 2017年度 データ漏洩/侵害 調査報告書

    2017年度データ漏洩/侵害調査報告書

    企業が直面する脅威を理解することは、効果的なサイバーセキュリティを実現する上で重要な鍵となります。2017年度の DBIRでは、業界毎に想定される最大の脅威と、その脅威を軽減する対策をまとめています。

    2017年度のレポートを読む
  • 2016年度 データ漏洩/侵害 調査報告書

    2016年度データ漏洩/侵害調査報告書

    2016年度の報告書で取り上げられた最も大きな脅威は何でしょうか?本レポートでは、2014年に支配力を振るった9つのインシデント分類パターンを特定しています。様々なリスクを軽減する対策を紹介していますのでご確認ください。

    2016年度のレポートを読む

ご連絡ください。

連絡先の詳細を見るには、国名を選択してください。

セールス

こちらまでまでお電話ください

サポート

自分のアカウントを管理、
またはツールや情報を入手