ベライゾン
リスクレポート

リスクアセスメントツール:
あなたはご自分の会社のセキュリティ状況をどれほどよくご存知ですか?

これまでずっと適切なセキュリティ投資を行っているという自信がおありですか?そのような自信を持ちたいなら、今日のデジタルセキュリティエコシステムや変化し続ける脅威環境における複雑さを一掃することです。ベライゾンリスクレポートを導入すると、ご自分の会社のセキュリティ状況に関する詳細なビューを通じた可視性を確保できます。

お客様のサイバーリスクを定量化

サイバー脅威との戦いは、お客様がどこに労力を集中すべきかを知っている場合に、より効果的かつ効率的になります。ベライゾンリスクレポートは、お客様のセキュリティ状況に関する包括的なビューとなるものであり、お客様がセキュリティに関して必要とするあらゆる情報を把握できるように設計されています。また、これは、日々のリスクのアップデートによりお客様の組織向けにカスタマイズされるリスクアセスメントツールとしても機能します。

レベルに合わせてセキュリティ投資を調整

  • 貴社のリスクを効果的に管理します。 ベライゾンリスクレポートを導入すると、データ漏洩の可能性を評価し格差を明確化することから、検知や応答に関する推奨事項の取得に至るまで、徹底的なリスク管理が行えるようになります。

  • 貴社が行った投資が及ぼす影響を把握できます。 リスクスコアとデータドリブン型の洞察は、セキュリティROIを計測し、実用的なデータを提供することで、お客様のセキュリティ戦略に有益な情報を提供します。

  • 貴社のセキュリティ状況に関する詳細なビューを確保できます。貴社のセキュリティに関する内外のビューと、質的および量的なアセスメントにより、十分な情報を得た上での意思決定が行えるようになります。

単一のリスクレポートで経営幹部からセキュリティ担当者まで、あらゆるユーザー向けの情報を提供

  • セキュリティ状況
    スコア

    貴社のセキュリティ状況を定量化することにより、セキュリティ成熟度を計測し把握できるようになります。

  • ダークWebに関する報告

    貴社をサイバー攻撃にさらす可能性のあるブランドへの言及やクレデンシャルの漏洩のような、潜在的な脅威や余計な注目に関する洞察を得ることができます。

  • 業界別の脅威経路

    業界別にフォーカスしたカスタマイズされたアセスメントを提供する「ベライゾのデータ漏洩/侵害調査報告書」に含まれているデータを使ってリスク経路を優先順位付けすることで、お客様にとって最大の危険に関するより明確なビューを確保できます。

  • 完全に自動化された日次レポート

    当社のセキュリティポータルを使用して、貴社のレポートをいつでも表示できるほか、セキュリティ状況における変化を評価できます。

  • 配備が簡単

    パブリックなインターネット経由でアクセスできるデータのみを使用する非侵入型のアセスメントにより、お客様のリスク状況に関するビューを簡単に確保できます。

  • ビューの
    カスタマイズが可能

    業種やコンプライアンス状況に合ったフォーマットでデータを表示できます。 VERIS、NIST、ISO 27001などの中から選択することで、各自が選んだフレームワーク内で各カテゴリーに対応付けられたリスクを確認できます。

  • Unified Security Portal
  • 実際のリスクスコアリングの例

    ベライゾンリスクレポートのサンプルの最初のページに提供されている、詳細なリスク状況および脅威レベルに関する情報を確認できます。

    サンプルを見る

3つの異なる視点により、
お客様のセキュリティ状況に関する
詳細なビューが提供されます。

ベライゾンリスクレポートには3つのレベルがあります。各レベルはそれぞれ1つ前のレベルに基づいており、追加的なデータとより優れた洞察を提供します。

レベル1:アウトサイドインの視点による評価

アウトサイドインの視点による評価では、外部の視点から組織を評価します。BitSightを使用してパブリックソースからデータを収集することで、本レポートは外部的なリスク状況を評価し、リスクスコアを提供します。このデータは、深層WebやダークWebからの調査結果で強化され、「ベライゾのデータ漏洩/侵害調査報告書」に含まれているプロプライエタリなデータと相互に関連付けられます。また、自動化された日次レポートが、当社のユニファイドセキュリティポータルを通じて提供されます。

レベル2:インサイドアウトの視点による評価

お客様のエンドポイントやインフラストラクチャ内に存在するマルウェアや不要なプログラムを自動的に検索する内部的な評価により、お客様のセキュリティレーティングを高めます。この評価重視のビューは、レベル1で収集されたデータに関するより詳細な洞察を提供します。

レベル3:カルチャーおよびプロセスの視点による、セキュリティ体制の評価

外部評価と内部評価を、お客様のセキュリティカルチャーおよびプロセスに関する詳細なレビューと組み合わせることで、真の可視性を実現します。このレベルでは、自動化されたツールと人間の知識を結合することで、完全なアセスメントを提供します。

業界リーダーが提供する包括的な機能

ベライゾンリスクレポートは、業界トップのセキュリティ組織が提供するワールドクラスの機能を、ベライゾンが持つ独自の知識と結合します。

  • 「目標となるセキュリティレーティングに関する当社の役割は、ベライゾンの戦略をサポートする組織が、自組織のサイバーリスクに関する包括的な内部ビューと独立した業界標準の外部ビューを組み合わせることにより、セキュリティ状況を生成できるようにすることです」

    -- Dave Fachetti氏、 BitSightの戦略的パートナーシップ部門シニアバイスプレジデント

  • 「ベライゾンとのこのような関係は、セキュリティ機能全体に当社の脅威インテリジェンスを追加し、制御を取り戻すことで、より効果的な優先順位付けと戦略を可能にします」

    -- Christopher Ahlberg博士、 Recorded FutureのCEO兼共同設立者

  • 「当社では、ベライゾンリスクレポートの持つパワーを支援できることを大変喜んできます。ベライゾンの持つ経験と知識を、 Taniumが提供する詳細な可視性および制御と組み合わせることで、企業が各自のセキュリティ状況および回復力に関して重要な意義のある改善を行うことが可能となります」

    -- Orion Hindawi氏、TaniumのCEO兼共同設立者

  • 「Cylanceでは、ベライゾンとチームを組むことができたことを大変喜んでいます。悪意あるまたは疑わしいアクティビティや行動に関して Cylanceが提供するユニークなインテリジェンスにより、セキュリティ状況の改善とリスクの軽減に関する実用的な推奨事項を、ベライゾンリスクレポートのクライアントに迅速に提供できます」

    -- Stuart McClure氏、 Cylanceの会長兼CEO

ベライゾンリスクレポートのレベル2およびレベル3は、2018年5月に提供が開始される予定です。

The Verizon advantage

貴社が現在直面しているリスクを理解することが、企業を保護するための第一歩です。290,000件以上のセキュリティインシデントと、10,000件の確認済みのデータ漏洩を分析することにより、当社では、お客様がそのような理解を達成できるようにするための経験を積みました。当社では、貴社が防御を強化するために必要となる、ネットワーク可視性、サイバーインテリジェンス、協力的な知識の共有を提供します。ベライゾンリスクレポートでは、これらのすべてを簡単に入手できます。

  • ベライゾンリスクレポート

    ベライゾンリスクレポートのファクトシート

    本シートでは、ベライゾンリスクレポートの仕組みとそれが提供するメリットについて詳しく紹介しています。

    ファクトシートを読む
  • 2018 年度データ漏洩/ 侵害調査報告 エグゼクティブサマリー

    サイバー犯罪の影響を受けない人は誰もいない

    今こそ、長い時間をかけて、貴社の防御を厳しく見直すべき時です。2018年度の「データ漏洩調査レポート」を読めば、あなたが現在直面している最大のサイバー脅威について理解できます。

    詳細
  • Security and Professional Services

    当社がマジッククオドラントのワールドワイドなマネージドセキュリティサービス分野におけるリーダーに選出された理由を明らかにします。

    レポートを読む

お客様のサイバーリスクを定量化

サイバー脅威との戦いは、お客様がどこに労力を集中すべきかを知っている場合に、より効果的かつ効率的になります。ベライゾンリスクレポートは、お客様のセキュリティ状況に関する包括的なビューとなるものであり、お客様がセキュリティに関して必要とするあらゆる情報を把握できるように設計されています。また、これは、日々のリスクのアップデートによりお客様の組織向けにカスタマイズされるリスクアセスメントツールとしても機能します。

レベルに合わせて
セキュリティ投資を調整

  • 貴社のリスクを効果的に管理します。 ベライゾンリスクレポートを導入すると、データ漏洩の可能性を評価し格差を明確化することから、検知や応答に関する推奨事項の取得に至るまで、徹底的なリスク管理が行えるようになります。

  • 貴社が行った投資が及ぼす影響を把握できます。 リスクスコアとデータドリブン型の洞察は、セキュリティROIを計測し、実用的なデータを提供することで、お客様のセキュリティ戦略に有益な情報を提供します。

  • 貴社のセキュリティ状況に関する詳細なビューを確保できます。貴社のセキュリティに関する内外のビューと、質的および量的なアセスメントにより、十分な情報を得た上での意思決定が行えるようになります。

当リスクレポートで経営幹部からセキュリティ担当者まで、あらゆるユーザー向けの情報を提供

  • セキュリティ状況
    スコア

    貴社のセキュリティ状況を定量化することにより、セキュリティ成熟度を計測し把握できるようになります。

  • ダークWebに関する報告

    貴社をサイバー攻撃にさらす可能性のあるブランドへの言及やクレデンシャルの漏洩のような、潜在的な脅威や余計な注目に関する洞察を得ることができます。

  • 業界別の脅威経路

    業界別にフォーカスしたカスタマイズされたアセスメントを提供する「ベライゾのデータ漏洩/侵害調査報告書」に含まれているデータを使ってリスク経路を優先順位付けすることで、お客様にとって最大の危険に関するより明確なビューを確保できます。

  • 完全に自動化された日次レポート

    当社のセキュリティポータルを使用して、貴社のレポートをいつでも表示できるほか、セキュリティ状況における変化を評価できます。

  • 配備が簡単

    パブリックなインターネット経由でアクセスできるデータのみを使用する非侵入型のアセスメントにより、お客様のリスク状況に関するビューを簡単に確保できます。

  • ビューの
    カスタマイズが可能

    業種やコンプライアンス状況に合ったフォーマットでデータを表示できます。 VERIS、NIST、ISO 27001などの中から選択することで、各自が選んだフレームワーク内で各カテゴリーに対応付けられたリスクを確認できます。

  • Unified Security Portal
  • リスクスコアリングの実例

    ベライゾンリスクレポートのサンプルの最初のページに提供されている、詳細なリスク状況および脅威レベルに関する情報を確認できます。

    サンプルを見る

3つの異なる視点により、
お客様のセキュリティ状況の
詳細なビューが提供されます。

ベライゾンリスクレポートには3つのレベルがあります。各レベルはそれぞれ1つ前のレベルに基づいており、追加的なデータとより優れた洞察を提供します。

レベル1:アウトサイドインの視点による評価

アウトサイドインの視点による評価では、外部の視点から組織を評価します。BitSightを使用してパブリックソースからデータを収集することで、本レポートは外部的なリスク状況を評価し、リスクスコアを提供します。このデータは、深層WebやダークWebからの調査結果で強化され、「ベライゾのデータ漏洩/侵害調査報告書」に含まれているプロプライエタリなデータと相互に関連付けられます。また、自動化された日次レポートが、当社のユニファイドセキュリティポータルを通じて提供されます。

レベル2:インサイドアウトの視点による評価

お客様のエンドポイントやインフラストラクチャ内に存在するマルウェアや不要なプログラムを自動的に検索する内部的な評価により、お客様のセキュリティレーティングを高めます。この評価重視のビューは、レベル1で収集されたデータに関するより詳細な洞察を提供します。

レベル3:カルチャーおよびプロセスの視点による、セキュリティ体制の評価

外部評価と内部評価を、お客様のセキュリティカルチャーおよびプロセスに関する詳細なレビューと組み合わせることで、真の可視性を実現します。このレベルでは、自動化されたツールと人間の知識を結合することで、完全なアセスメントを提供します。

業界リーダーが提供する包括的な機能

ベライゾンリスクレポートは、業界トップのセキュリティ組織が提供するワールドクラスの機能を、ベライゾンが持つ独自の知識と結合します。

  • 「目標となるセキュリティレーティングに関する当社の役割は、ベライゾンの戦略をサポートする組織が、自組織のサイバーリスクに関する包括的な内部ビューと独立した業界標準の外部ビューを組み合わせることにより、セキュリティ状況を生成できるようにすることです」

    -- Dave Fachetti氏、 BitSightの戦略的パートナーシップ部門シニアバイスプレジデント

  • 「ベライゾンとのこのような関係は、セキュリティ機能全体に当社の脅威インテリジェンスを追加し、制御を取り戻すことで、より効果的な優先順位付けと戦略を可能にします」

    -- Christopher Ahlberg博士、 Recorded FutureのCEO兼共同設立者

  • 「当社では、ベライゾンリスクレポートの持つパワーを支援できることを大変喜んできます。ベライゾンの持つ経験と知識を、 Taniumが提供する詳細な可視性および制御と組み合わせることで、企業が各自のセキュリティ状況および回復力に関して重要な意義のある改善を行うことが可能となります」

    -- Orion Hindawi氏、TaniumのCEO兼共同設立者

  • 「Cylanceでは、ベライゾンとチームを組むことができたことを大変喜んでいます。悪意あるまたは疑わしいアクティビティや行動に関して Cylanceが提供するユニークなインテリジェンスにより、セキュリティ状況の改善とリスクの軽減に関する実用的な推奨事項を、ベライゾンリスクレポートのクライアントに迅速に提供できます」

    -- Stuart McClure氏、 Cylanceの会長兼CEO

ベライゾンリスクレポートのレベル2およびレベル3は、2018年5月に提供が開始される予定です。

The Verizon advantage

貴社が現在直面しているリスクを理解することが、企業を保護するための第一歩です。290,000件以上のセキュリティインシデントと、10,000件の確認済みのデータ漏洩を分析することにより、当社では、お客様がそのような理解を達成できるようにするための経験を積みました。当社では、貴社が防御を強化するために必要となる、ネットワーク可視性、サイバーインテリジェンス、協力的な知識の共有を提供します。ベライゾンリスクレポートでは、これらのすべてを簡単に入手できます。

  • ベライゾンリスクレポート

    ベライゾンリスクレポートの
    ファクトシート

    本シートでは、ベライゾンリスクレポートの仕組みとそれが提供するメリットについて詳しく紹介しています。

    ファクトシートを読む
  • DBIR Overview: Explore the Full 2019 DBIR Online

    サイバー犯罪の影響を受けない人は誰もいない

    今こそ、長い時間をかけて、貴社の防御を厳しく見直すべき時です。2019年度の「データ漏洩調査レポート」を読めば、あなたが現在直面している最大のサイバー脅威について理解できます。

    詳細 (英語)
  • Gartner

    Security and Professional Services

    当社がマジッククオドラントのワールドワイドなマネージドセキュリティサービス分野におけるリーダーに選出された理由を明らかにします。

    レポートを読む